9/14、介護老人福祉施設での演奏

0

    この日は東久留米の介護老人福祉施設での訪問演奏会でした。

    本日のフィールダーは10名。
    全員での演奏からデュオ、トリオ、カルテットでの演奏などの加わったお楽しみプログラム。
    曲も、映画、ミュージカル、クラシック、懐かしの歌謡曲、ジャズなど様々でした。
    いろんなジャンル、いろんな音楽、いろんな音を堪能してもらえたでしょうか??

    今回も、曲に対してタイトルを言っただけで「知ってる!」や「大好き!!」など嬉しい反応が頂けてほっこり♪
    中には大きな声で歌って下さる方も!

    やはりお客さんが近くてダイレクトに反応が伝わる場所での演奏は、吹いている側も楽しくなってしまいます。
    今まで練習した事のないアドリブが飛び出したりしましたが、そこはさすが百戦錬磨のフィールダー!
    すかさず合わせてました(笑)
    このノリの楽しさもフィールドならではです。
    1時間弱の本番もあっという間に終わり、最後にサックスの伴奏に合わせてみなさんで大合唱。

    今回も元気と楽しさをもらえた演奏会でした。
    いつもありがとうございます!

    最後、職員の方に「やっぱりサックスってかっこいいですね!」とたくさんお褒めの言葉を頂いてしまいました。
    自分で吹いてるとあまり意識してないのですが、改めてそんな事を言われると嬉しくなってしまいます。

    そんな素敵なサックス、これからも素敵な仲間たちとみんなで楽しく吹いていきたいと思いました。
    おしまい!

    (さつこ)


    6/1の本番「サクソフォン交流会」

    0

      「第10回サクソフォン交流会」に出演してきました。
      https://sites.google.com/site/saxkouryukai/

      この「サクソフォン交流会」って、全国から名だたるアンサンブル団体や個人のアマチュアサックス吹きが集まって、それぞれが演奏したり、全体で合奏したりして、最後は宴になる、っていう天下一武道会のようなイベントなんですが。
      参加枠数が決まっていて、人気イベントゆえに倍率も高い。
      半年前の参加受付開始日。受付申し込み順に枠が埋まるので、ここからすでに戦いは始まっていたわけです。
      受付開始時間22時前に、全国の猛者たちがパソコンの前で、またはスマホを握りしめて待機。
      22時ジャスト!クリック!クリック!クリック!クリック!

      サーバーが混み合い、もうダメかと思われた瞬間、なんと我らSaxofieldは受付完了。無事に出場権を獲得することができました。うおー!獲ったどー!

      さて出場が決まった15団体。
      それぞれが己の持ち味を存分に生かし、本番で力と技を出し尽くすのですが、うちはどう考えても力も技も他団体に及ばない。
      どうすればよいか?うちの持ち味って何だ?
      弱者の戦略を存分に練る。
      土俵でまともにぶつかれば完全に相手の横綱相撲。
      猫だまし、けたぐり、考えられる奇襲技を仕込む仕込む。ぬかりなく。

      そんなわけで交流会当日、Saxofieldは仕込んだネタで楽しく演奏させていただき、美味しいお酒をいただき、全国の猛者たちと交流させていただきました。

      ところで、舞台に上がったとき、仕込んだネタを駆使してなんとか善戦したなあ、と思ってたんですが、その後、まわしをつけずに土俵にあがるような団体があって、完全に負けました。あれは反則だわ。絶対笑うし。

      (haratch)



      12/22は介護老人福祉施設にて演奏!

      0

        12/22(土)

        今年最後のイベント、東久留米市の介護老人福祉施設にて演奏をしてきました。
        先日の小学校での演奏とは違う編成のため、担当パートが変わったり、練習は当日のみという中々不安な状態でしたが、そこはフィルダーの底力を発揮?し、無事に乗り切りました。

        20名ほどのおじいちゃんおばあちゃんが待っている中、思い思いのクリスマスグッズを身につけたフィルダーが入場すると、何が始まるのかというような雰囲気でしたが、いざ演奏が始まると顔がみなさん明るくなって、手拍子をしたり口ずさんだりと、楽しまれていました。
        特に印象的だったのは、精鋭4人衆での曲の時に、ひとりのおばあちゃんがフルで歌ってくれていたことです。
        音程も歌詞もバッチリ、素晴らしい〜。

        各自での自己紹介の時には、前もって聞いていた「〜からきました!」というワードを入れつつお話をさせてもらうと、その度に「わ〜、遠くから」などと反応してくれていました。

        一通りプログラムが終わったあと、アンコール曲を多数決で決め、2曲演奏しました。

        そして、最後はおじいちゃんおばあちゃんたちと握手をして、クリスマス会は終了しました。

        終了後職員の方に、
        「初めてサックスアンサンブルを聴きましたが、素敵ですね」と、声をかけていただきました。
        うれしい限りです。

        控え室で片付けをしていると、クリスマスケーキを差し入れていただき、とても美味しくいただきました。
        本番後の甘いもの、最高〜!
        職員の方々のお気遣いに感謝です。

        訪問演奏に出向いて毎回思うのは、
        聴いてもらう側に楽しんでもらうつもりが、逆にこちら側が楽しかったり、元気をもらっているということです。
        今回もおじいちゃんおばあちゃんの笑顔に元気をもらいました。
        これがやみつきになっていくんですよね。

        今年はサクソフィールドとしては一大イベントもあり、いつになくハードな1年のようでした。
        後半は通常の活動、ゆるゆるふわふわなサクソフィールドに戻ったようですので、今回のような依頼演奏を続けていけるといいですね。

        来年もゆるふわサクソフィールドをよろしくお願いします!

        (ど)


        | 1/8PAGES | >>